WORKS

薪ストーブのある三角屋根の家 帯広市Kさま

農家を営まれている帯広市のKさまは、ご実家の隣にマイホームを新築されました。ご実家もイゼンホームで施工させていただいた2世帯住宅。同じくイゼンホームで家を建てたご友人の勧めもあり、「パッシブ換気」も気に入って依頼をいただきました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_5148.jpg

ご実家でも慣れ親しんできた薪ストーブを採用されたKさま。ストーブは(株)岡本製 AGNI-HOTTE・7000kcal/hで、コンパクトですが家中を暖めてくれます。遠赤外線の薪ストーブはとても暖かいので、本格的な寒さになるまでは、エアコンの暖房を使っていらっしゃいます。

間取りは水廻りの行き来のしやすさと、収納にこだわり、ご実家でも愛用されていた薪ストーブで暖をとります。玄関とは別に、農作業に便利な勝手口と、作業服を洗える洗濯スペースも確保しています。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_5154.jpg

2階ホールには三角屋根の形状を生かしたロフトを完備。天井には空模様のクロスを使っています。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_5134.jpg

メンテナンスフリーの外壁を採用した三角屋根の外観も素敵です。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 001re.jpg

設計担当から

設計担当「お客様とは、9年前にご実家のリノベーション工事をさせていただいたことがご縁です。ご実家は、ソーラー発電を装備し、オール電化住宅と薪ストーブのコラボレーション設備で、快適に生活をされているご様子です。今回の住宅もエコキュートと冬用エアコン及び薪ストーブでの設備となりました。高断熱、高耐久に優れた設計となっています。

ご実家が二世帯住宅ですので、こちらは少しコンパクトになりましたが、ちょうど良い規模のご住宅で、使い勝手が良いです。自然エネルギーを活用した、気持ちの良い住宅です。家族が心地よく、楽しく笑顔で生活できるエッセンスがたくさん含まれています」。

2020年9月

建築概要
1階床面積 50.10平方メートル(15.12坪)
2階床面積 46.37平方メートル(14.00坪)
延床面積  96.47平方メートル(29.12坪)風除室込
敷地面積  4602.10平方メートル(1392.13坪)

断熱仕様 
基礎断熱 スタイロフォーム 外)75ミリ 内)50ミリ打込
壁断熱 サンGW140ミリ+SF50ミリ
天井断熱 ブローイング400ミリ
間仕切壁 サンGW 90ミリ

開口部 
窓 YKKAPトリプル
玄関ドア YKKAPヴェナード

その他の施工事例