WORKS

セカンドライフを楽しむ豊かな家 帯広市Sさま

帯広市のSさまとは、21年前にイゼンホームでマイホームを新築していただいた時からの長いお付き合い。3人のお子さまが独立された今、ご夫婦お二人がセカンドライフを楽しめるような住まいを希望されました。高断熱・高気密仕様で床下暖房を備えた暖かさに加え、手入れが楽で空気をフレッシュに保つパッシブ換気を採用した、より暮らしやすく快適な住まいが完成しました。

玄関ポーチに支柱とアーチ形の下がり壁を設けた優雅なファサード。建物の外壁には耐久性に優れたレンガタイルを採用しています。外構もタイルやインターロッキング、人工芝で美しく整えられ、上品な佇まいがより一層引き立ちます。

庭に面した大きな掃き出し窓のある明るいリビング。窓には全室、気密性に優れたトリプルサッシを使っています。カーテンレースは埋め込みタイプに。完成照明も加え、更にエレガントな雰囲気に仕上がりました。

リビングの親子ドアは20年前にイゼンホームが製作したものを再利用。道産のタモ・ナラ材を使った本物だから、経年で味わいを増した魅力があります。

キッチンは対面式。ダイニングには収納付きのカウンターを付けています。

リビングに隣接する和室。障子窓には以前の住宅にあった書院を再利用しています。この和室から庭に向いて位置する広縁との間にも、雪見障子を再利用。以前の住まいの思い出が、新居に自然に溶け込むよう工夫しました。

設計担当から

オーナー様とは21年前に新築をしていただいたご縁で、今回もご依頼いただき、まことにありがとうございます。21年前の住宅は1階が鉄筋コンクリート、2階が木造の附加断熱と当時としても最高級の仕様の住宅でございましたが、移築することになりました。

本住宅も、高断熱、高気密はもちろんの事、これから年を重ねるにつれて面倒になる、お手入れが楽なパッシブ換気をおすすめいたしました。床下暖房の採用により床面があたたかく毎日を快適に、ゆったりとした時の流れを感じていただける住まいとなりました。来年には外構工事も充実させ、更に快適な住空間となります。

2017年11月
建築概要
1階床面積 133.45平方メートル(40.29坪)
2階床面積 16.97平方メートル(5.12坪)
延床面積  150.42平方メートル(45.41坪)
敷地面積  366.70平方メートル(101.85坪)

断熱仕様 
基礎断熱 スタイロフォーム 外)100ミリ 内)30ミリ打込 土間下)100ミリ
壁断熱 吹込BW140ミリ+NF50ミリ
天井断熱 ブローイング500ミリ
間仕切壁 サンGW 90ミリ

開口部 
窓 YKKAP トリプル
玄関ドア YKKAP イノベスト

その他の施工事例