Blog

うれしいお便り♪

こんにちは、中村です。

 

10月に完成しました、広尾町のお客様より、

写真付きメールを頂きました。

クリスマスツリーを探して、飾りました。素敵ですね♪

天井高3000にふさわしい、堂々としたツリーです。

パッシブ換気住宅には、煙突がついていますので、

サンタさんも迷わず来てくれますね。

ツリー近くにトラさんが・・・・

 

虎と言えば・・・

帯廣神社では、医薬の神様

『少彦名神』(すくなひこなのかみ)をお祀りしています。

今から200年前の文政5年(西暦1822年)、疫病のコレラ( ※コロナではありません)が流行した時のことです。
薬屋が疫病薬として虎の骨を配合した「虎頭殺鬼雄黄圓」(ことうさっきおうえん)という薬をつくり、医薬の神様である「少彦名神」のご神前にその薬と「張り子」の虎をお供えし、ご祈祷されました。
その後、「張り子の虎」はお守りとして授与し、薬を庶民に施したところ、大変効果があったと言われております。
帯廣神社では故事に倣ってご神前に「張り子の虎」をお供えし、コロナウイルスの終息を願い、日々「疫病退散」をお祈り致しております。
皆様も、コロナウイルスの終息を願い、少彦名神に祈りを込め、神棚をおまいりしましょう。神棚が無い方は遥拝(ようはい = 部屋の中から神社方向に向かっておまいりすること)しましょう。

※帯廣神社様フェイスブックより抜粋させていただきました。

 

 

今年は新型コロナウィルスの感染の猛威を受け生活様式がガラッと変わってしまいました。

家族と一緒にいる時間も増えてきています。

高断熱、高気密住宅なので、おうち時間が増えても光熱費が気になりません。

日だまりの中、楽しい子供達の笑い声を聞きながら、

好きな音楽を聴いたり、読書したり、ストレッチしたり、

洗濯したり、お料理を楽しんだり、お食事したり、

どんな事も全てうれしい空間ですね。

床下暖房で全体が優しい暖かさで包まれる安心感を感じます。

 

9月に引越しされたお客様から、小さな住宅から広めな住宅へ

生活が変わりましたが、光熱費は逆に安くなりました。

『今日は窓を開けてま~す』とお便りがありました。

喜びの声を聴いて、うれしく思う中村です。

 

うれしいメッセージ、お便りお待ちしております。